カタログを配りたいなら|DMの印刷ならプロに任せて安心|現代に追いつけ
印刷

DMの印刷ならプロに任せて安心|現代に追いつけ

カタログを配りたいなら

冊子

簡単にできるカタログ

1枚のチラシは伝えたいことだけを伝えるにはとても効果的な宣伝手段ですが、裏表しか情報の記載面がないため、限られたことしか載せられないのがデメリットです。その場合はカタログなどの本の状態になったものを配れば良いのですが、チラシとは違い簡単には作れないと考える方が多いでしょう。確かに大手企業が作成しているカタログのような豪華なものは難しいですが、コピー用紙などを綺麗にまとめたものならば簡単に作ることができます。そのためには、製本機が必要となりますので、カタログでの効果的な宣伝を考えるなら導入を考えてみましょう。パーソナル用ならば気軽に導入できる価格なので、まずは製本機の値段から調べてみることをお勧めします。

使いやすさを重視

パーソナル用の製本機では簡易的な構造のため『数枚のカタログしか作れない』と考える方もいるはずです。しかし、パーソナル用でも200枚以上もの紙をまとめられますので、カタログを作るのには充分でしょう。ただし、紙の厚さによって対応枚数が変わってくるため、事前に製本機のスペック情報で確認しておくことが大事になります。なお、製本機を購入する場合は値段だけで選択をするのではなく、使いやすさで評判が良いものを購入しましょう。宣伝として利用する場合は多くのカタログを作成しなければいけませんので、必要になる作業時間を考えるなら、使いやすさは必須条件といえるからです。良い製本機は多くのレビューがありますので、それらを参考にしてカタログ作りに相応しい製品を導入しましょう。